スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨て猫

昨日の話。

実家に飯を食いに行き、その帰りに自転車を出そうとするとどこからか何か鳴き声が聞こえる。
その声が気になって辺りを見回してみると、実家の向かいのマンションのゴミ置き場に小さなダンボールが置かれていて、その中から鳴き声が聞こえてくる。

箱を開けてみると、生まれたての真っ黒な子猫二匹、へその緒が付いたままの状態でが捨てられていた。
ご丁寧に「子猫用」と書かれた餌と一緒に。目も見えない状態で食えるわけないのに。
見て見ぬふりも出来たけど、自分はとても見捨てられない。

とりあえずオカンと一緒に飼ってくれそうな所を片っ端からあたってみるも全滅。
天五中崎町商店街にある猫カフェに頼んでみるもオーナー不在で撃沈。結局交番に行くことに。

そこで渡されたのは「管理センター」と書かれたメモ。そこに電話したら殺処分されるのは目に見えている。

箱を抱え公園で途方に暮れていたら、一人の女性が声を掛けてくれた。

「私が里親探しをしますので、仕事が終るまで預かってて下さい」

と。急ぎ猫用のミルクと哺乳器を買いに行きつけのペットショップへ。
買うものを買ったら速攻に実家に戻り、ミルクを与えてみる。

最初は飲み方もわからなかったのか鳴くだけだったけど、何とかミルクをあげることができた。
ミルクを飲んでくれた時、自分は泣いてしまった。
無責任に捨てた飼い主への怒りと、小さいながらも必死で生きようとするその生命力、
そしてそのお小さな生命を飼えない自分への悔しさに涙が出た。

結局夜になって女性が引き取りに来られ、無事我が家を旅立っていった。
優しい里親にめぐり逢うことを心から願う。
そして子猫を捨てた飼い主は、母猫に避妊手術を受けさせることをお願いしたい。

動物を飼う以上、生命に責任をもって欲しい。
オモチャやぬいぐるみじゃ無いのだから。

「生命」について改めて考えさせられた一日だった。

テーマ : 日記というか、雑記というか…
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

だいすけ

Author:だいすけ
大阪在住の♂、46歳独身。

・双極性障害
・注意欠如・多動性障害
・パニック障害
・広場恐怖症
・睡眠障害

メンタル持ちの心のはけ口。
適当に思う事を書きます。
気軽にコメントして下さい。

Daisuke Adachi

バナーを作成

Follow LAYLA1209 on Twitter

3D球体タグクラウド
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
楽天でお買い物
etc
お得なポイント貯まる!ECナビ



RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。